お気楽な日常


てくてく。
by weasel7
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
クルクル混ぜて「たまごご..
from え (絵)??ブログ
欧米で大人気?
from fineの壺 別館
欧米女性に人気のムーンカップ
from 大人の愉しみ
敬老の日とリリー・フラン..
from Bodhi Tree Boo..
適職診断
from はやとちんのだめっぽフリートーク
卵かけごはん専用しょう油..
from 皮の裏側 ブログ
古田選手、2000本安打..
from ☆。°。pixyworld ..
古田選手2000本安打
from 水流タイム
古田達成!!
from メジャーを目指せ!
お気に入りブログ

あの日のこと

先日、母の七回忌が無事に終わりました。

節目の年だし、母の日も近いから、母への思いをちょっとだけ言葉に残しておこうかな。
文章力が無いもんで、ぐっちゃぐちゃだけど(^^;)




あれから6年の月日が経過し、私自身も私の周りも確実に変化しました。
薄れいく記憶の中で、命日が近づくにつれあの日の出来事は断片的にではあるけれど、
鮮明に蘇ってきます。

見る見るうちに呼吸が浅くなっていく母。
必死で心臓マッサージをしている父。
傍らで、大声で呼びかけている妹、祖父母。
私は、頭が真っ白になりながらもちゃんと119番に電話が出来たようで、
ちゃんと住所も母の状態も言えたようで、
気がつくと病院にいました。
でも、目の前にいたのは、既に息を引き取った母の姿でした。
輝きを失った母の瞳を、今でも忘れられません。

母が生きていれば、今月49歳の誕生日を迎えます。
本当にたまにですが、これは夢なんじゃないかと思う時が未だにあります。
実家に帰ればいつものように、自分の肩を指差して、
「ちょっとちょっと、肩揉んでくんない?」
って言われるのではないかと。




母として、一人の女性として、とてもとても尊敬していた母も
仏様なって7年目になります。
立派な仏様になれたのでしょうか?
あの時は、助けてあげられなくて本当にごめんね。
お母さんのおかげで、私を大事に思ってくれるたくさんの人に巡り会えて
毎日を楽しく幸せに生きています。
今の私はどんな風に見えるのでしょう?
やっぱおっかなびっくり見てるんでしょうね?
少しは人の痛みもわかってあげられるヤツになったのよ。
これからも、1日1日を大事に笑って過せるように頑張るね。
1秒たりとも退屈で無意義な時間なんて無いと気づいたから。
ありがとう。お母さん。
[PR]
by weasel7 | 2006-05-02 21:59 | にっき。
<< もうすぐ これ、いいんぢゃな~い♪ >>


☆友達ブログ☆
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧